日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吹きガラスのケースに眠るもの

都築響一さんの「珍世界紀行ヨーロッパ編」が面白い。
(エログロ嫌いな人には向きません。あしからず。)

蝋人形館拷問博物館性愛博物館解剖博物館カタコンベ等等
ヨーロッパの珍名所をロードサイドムービーのように
訪れる写真集なのだけど、私がぐっと来たのは、
例えば18世紀に作られた、ウィーンの医学史博物館。

当時、標本といえば蝋人形だったそうで、その数1192点の
精緻かつ温かみのある人体標本蝋人形が、
木枠に手吹きのヴェネチアングラスの美しいケースに
収められているのだとか。

標本の技術も進歩しているだろうし、
デジタルな時代にに標本の役割も変化しつつあるのだろうけど、
タッソーの蝋人形館も元を辿れば標本というのは、興味ある世界だ。

時を経て今、歪んだ吹きガラスのケースの中で眠る人体標本が、
ケースとともに美しいと表現されるのだから、
ぜひとも見ておきたい所だ。
わくわくしてくる。

あ~ ヨーロッパに行きたい。








にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/27(月) 16:04:42|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガラスの動物園 | ホーム | こたつテーブル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/354-2de2b416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。