日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガラスと日本の住宅  ~光を装飾する~

ガラスと一口に言っても、工芸、建材、車に鏡、眼鏡、ビーカー試験管から食器etc...
その用途は膨大だ。
私はそのうちのちょこっと、うわべだけ、工芸のあたりをさらっとブログにしようと思っていたのだけど、
改めて周囲を見渡してみると、建材としてのガラスがどれだけ重要な位置を占めているかに
思い知らされる。
昨日も、仙台の駅前から青葉通りを車で走りながら、「ガラス張り」のビルが多いのにタマゲタ。。
鉄筋コンクリート+ガラスの建築から 鉄筋+ガラスの建築の時代になっていたの?
なんて、建築には門外漢の私が、ふと思ったことですけど。。。

そんなこんなの夜、ベットのお供に選んだのは「ガラスと建築」という小冊子というくらい、慎ましい本。
でもなかなかぎゅぎゅっと詰まった本で、面白い。
日本家屋に板ガラスが取り入れられた歴史から、
日本ステンドグラス史。それから、それから、
いわゆる「手吹き円筒法」の板ガラスから、機械化されたラバーズ法、
そして1900年初頭から生産が開始されたフルコール法へとの変遷を読むと、
今日の近代建築と、量産可能となった板ガラスとの相関関係が理解できるし、
さらに、日本では北海道の住宅にいち早くガラスが取り入れられた、という記述に、
ガラスの特性を有り難く思ったり。。。

80頁ほどに、よくぞこれだけ詰め込んだ!と感嘆する私の愛蔵本なのだけど、
アマゾンで探したら、プレミアが付いていました@@
でも一読をお勧めいたします!





にほんブログ村 ←ポン♪とクリックをお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2008/07/23(水) 14:31:18|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<モザイク のショウルーム | ホーム | Lark Dalton & Corrie Haight の Beads>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/35-23426e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガラスと建築―光を装飾する

ガラスと建築―光を装飾する
  1. 2009/12/24(木) 18:17:30 |
  2. ロドリゲスインテリーン

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。