日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lark Dalton & Corrie Haight の Beads

ガラス 023


ガラスの教室に通い始めた頃でした。
アメリカへガラスの買い付けに行った先生のお土産のなかに、
びっちりとビーズが詰め込まれたビニール袋がありました。
シールを開き、ビーズをテーブルに広げだした時の驚き!
1個1個つるつる輝く肌を持ち、ストライプやスパイラル、
単色とクリアがほとんどで色数を抑え、
三角柱や円柱形がほとんど。。。
美味しそうなビーズたち♪

教室の先輩達は嬌声をあげて、先生から買い求めていましたが、
私は入りたて。
ま、その頃は猫を被っていたわけで、「私も欲しい。。。」と発せられず。。
ただただ遠巻きに眺めるだけでしたの。

その後、しばらくして何かの機会に、先生から頂戴したのが上の画像です。
たった2個では、その時の私の興奮は伝わらないでしょうけど。。。
とってもとっても嬉しかったのを覚えています。



数ヶ月前、アマゾンでガラス関係の本を購入しようとして、
間違ってクリックしたものの、キャンセルが面倒で仕方なく購入した本、
「MASTERS GLASS BEADS」をぱらぱら捲って、感激の再会をしたのがこの画像です。

ガラス 026

あの時のあの興奮を解ってもらえます?

このビーズの魅力は、1個で完結していないところ。
自分なりの組み合わせができ、想像力を刺激します。
そして、ポリッシュ。
colorに被せたクリアを磨いていることで、格段と洗練されたビーズとなっている。。。
のじゃないかしら。。。
皆さんはどう感じますか?

この本、Dalton & Haight のビーズの他の画像もとっても綺麗です。
世界中のビーズ作家の作品も見ごたえあって、お勧めですよ。
ランプワークやトンボ玉へのイメージが変わるかも。。。
ミスタッチのお陰でこの本に廻り会えました。
そして憧れのLark Dalton & Corrie Haight のビーズたちにも。。。





にほんブログ村 ←ポン♪とクリックをお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2008/07/22(火) 12:42:16|
  2. ガラスを発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガラスと日本の住宅  ~光を装飾する~ | ホーム | 息子からの贈り物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/34-39b271d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。