日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つまらない話。。

正直な話、この頃ステンドグラスの展示会に行っても、
余程ドラマチックな作品とか、作業工程の煩雑さが分るものでもないと、
昔のように興奮しないのだ。
これは悲しいことだ。

使っているガラスや技法などについて、中途半端に分るのがいけない。
生意気なガキのように、こましゃくれた見方をしている私。

先日、出掛けたステンドグラスの個展会場で、
アンティークガラスとは、骨董的ガラスと思い込んでいるご婦人に対し、
主宰者はきちんと説明をせずに、そう思わせたままで終わってしまった会話を
小耳に挟んでしまった。。。
そんな説明でよいのだろうかと思うと、作品をじっくり鑑賞する気合が抜け、
会場を後にしてしまった。

ただただ憧れの心を抱きつつ、ガラスを眺めていた頃に戻りたい。
あの頃はガラスというだけで心踊り、色彩に涙することだってあったではないか。
ろくに作れもしないのに、半端なまま、心濁ったままガラスの世界に留まっていて、
許されるのだろうか。。

徹底的に圧倒されるようなガラスに出会いたい。


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/21(日) 20:31:59|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<伯父の思い出 | ホーム | この本 お勧めです>>

コメント

>徹底的に圧倒されるようなガラスに出会いたい。

それは無理もない話でしょう
目も口も超えてきてるんだから(笑)
構えているときには会えない、それは向こうからやってくる、そんな気がしませんか?


黒木英なんとか、というガラス作家さん、テレビでも見ましたし、ヴェネチアでも有名らしいけど、大阪のデパートのある催しでお会いしました。 ご自分で営業されてました。

イケ好かない人でした。 買う様子が見えないとなるや否や、違うお客さんへ走るんです、有名な作家さんですよ、60代にもなろうかという方がですよ。
もっとプライドを持ってほしいと思いました。

話は自慢ばかりで、有名人ばかりが買っていくんです、なんて私に言ってどうすんの?

どう見たって琳派と藤田氏の真似でしかないように見えたんですけど、外国人にはあんなデコラティブなものが受けるんでしょうかね。
もちろん私は買いません、なんであんな高いのか意味がわかりません。

あらま、えらく悪口を弁じてしまいました。失礼しました。
  1. 2010/02/23(火) 20:13:23 |
  2. URL |
  3. CROKO #r6uSoc5A
  4. [ 編集]

わはは!痛快です。
大きな工房になると、維持費人件費etc.背負っているものも大きいですから、営業マンにもなるのでしょうね。

ベネチアでガラス製作されているという、うら若い女性の展示会で、
彼女の若さ!美貌!ベネチア!ムラノ!才能!財力!人脈!すべてが羨ましく思えました。
運も才能のうちなんですよね。
チャンスを掴み、生かすのも才能ですね。

私はこんなブログを書きつつ、かろうじてガラスの世界と繋がっていたいと思っているのですが、
その細い繋がりが、時に心もとなく切れそうになり、心細くなるのです。


  1. 2010/02/24(水) 12:29:52 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

美しいものを見てど~んと強い衝撃を受けたいというような、飢えた気持ちって、本能の一部みたいなんでしょうね…

どんなに素晴らしい実物よりも、そういう希求を持つ人間の、イマジネーションの中に宿る、目に見えない美にはやはり敵わないのかな、なぞと感じたりもするこの頃です。

さすらうなかで、ひょんと、新たな発見が、出現するかもしれませんね!
  1. 2010/02/27(土) 16:30:15 |
  2. URL |
  3. a'kee #-
  4. [ 編集]

a'keeさま

仙台のどんより暗い冬に厭きたからでしょうか。
明るい色彩を渇望します。
溢れる陽の光を、神々しいガラスにかざし身に
浴びたら、私の腐った性根も少しは健全さを
取り戻すことができるかもしれません。

旅したい、きれいなものに出会いたい、
美味しいもん食べたい、
姥の欲望は尽きませぬ。
  1. 2010/03/01(月) 12:37:33 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/215-a4e9cf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。