日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

埴生の宿のステンドグラス

猫ホテル 057

猫ホテル 055


カーラジオを点けたら「埴生の宿」が流れていて、
あまりに懐かしく、一緒に歌った。

亡くなったハハは口癖のように「玉の装いも、瑠璃の床も、羨んじゃだめよ」
と私を嗜めたものだった。
今私は確かに玉の装いも、瑠璃の床も羨みはしない。
だけど、ガラスは別個だ。
性懲りもなく、物欲(ったって、ささやかなお財布が破産しない程度の)にまみれて暮している。

そのあげくが、このステンドだ。
我が埴生の宿にステンドは似合わないけれど、
疲れた身体を引きずって我が家にたどり着き、
このステンドに向かえ入れられるとき、すぱ~っと疲れが飛んでいく。

6年前、仕事場の改装時に入れたステンド。
ランバーツのアンティークを4枚使って作ったのだけど、
毎日眺めても、見るたび新鮮な気持ちで見ることができる。
朝な夕なの光に移ろいゆくガラスを眺めることの幸せ。。。
埴生の宿の一点豪華ステンドだけど、
チチもハハも、どこからかこれを眺めて、感嘆してくれていると思いたい。。。




にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/04(金) 20:14:01|
  2. ガラスを作る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<猫壁犬壁化計画 | ホーム | 健啖家 と呼ばれたい>>

コメント

玻璃の窓

光のなかにはたくさんの色が満ちているのだけど、
日々に追われていると、
空を見上げることも少なく、
景色を眺める機会も減っていて、
朝昼夕と変わる日の光も、
四季に移ろう色も、見ていないのを恥じます。

ハードに仕事をこなすkuroihitomiさんは、
心豊かになる玻璃の窓から、
たくさんの光の色を取り入れて、
心をほどき、リフレッシュしているんですね。

もちろんご両親も、この窓なら微笑んでくださることでしょう。
  1. 2009/09/05(土) 14:53:59 |
  2. URL |
  3. 甘庵 #70/559Bg
  4. [ 編集]

にゃんこの件

お世話かけて申し訳ございません。
  1. 2009/09/06(日) 10:06:56 |
  2. URL |
  3. フランネル #vHaYES/A
  4. [ 編集]

「玉の装いも、瑠璃の床も、羨んじゃだめよ」

お母様のお言葉、すばらしいですね。
わが母は何も残してくれませんでした。


一般宅にステンドをはめ込んでいるのを、たまに見かけますが、なんだか浮いている様な気がします。
(余計なお世話でしょうけど)

仕事場のステンド、シャープで個性的で好きです。
蛍光灯しかないわが家にとっては、羨ましい限りです。
色ガラスの花器に光を当てるのが精一杯です。

  1. 2009/09/06(日) 12:44:39 |
  2. URL |
  3. CROKO #r6uSoc5A
  4. [ 編集]

甘庵さま

吹きで作った板ガラスをアンティークというのですが、この製法は現在日本では作られていません。
ロンデルという円形の皿状のガラスは作られる作家さんはいらっしゃいますね。
吹きで作られた器も素晴らしいのですが、
この板ガラスがまた素晴らしいのです。
マシンメイドのガラスでは得られない光です。

心豊かにあらねば、良い仕事はできないと思いませんか?
甘庵さまにはこれからも素敵なガラスをご紹介いただきたく、楽しみにしております。
  1. 2009/09/07(月) 09:32:47 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

フランネルさま

アンティークのバーコーナー、
素敵でした。
裏に廻ったら、棚にリカーではなくニャンコの食事がずらり並んでいたのには、フランネルさんらしくて可笑しかったです。
あの小窓は絶対ガラスでなちゃ!
今度採寸させてください。
  1. 2009/09/07(月) 09:38:48 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

CROKOさま

今思うと、没落を経験した母は、自分に言い聞かせていたのかもしれません。

ステンドをに使用したガラスはドイツのランバーツ社のガラスですが、
このメーカーでは色を指定して自分だけのオリジナルガラスを作ってもらうことができます。
CROKOさまのお好きな清朝カラーで如何でしょう。
それをそのまま絵画のように窓辺に置いたり、はめ込んだり、カットして再加熱し食器にしたりして楽しむのはいかがでしょう。
お薦めいたします。

我が家のステンドグラスに使用したガラスは、
そうしてどなたかが発注したオリジナルのガラスの残りが、縁あって私のところまで辿りついたのです。
ガラス自体が素晴らしいので、花だの鳥だのに切り刻まずに、抽象絵画のように楽しんでいますが、
満足しています。厭きないのです。


  1. 2009/09/07(月) 10:06:35 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

とても鮮やかな色使いですね。

こういう大胆さは好きです!
  1. 2009/09/09(水) 21:32:55 |
  2. URL |
  3. ジュン #-
  4. [ 編集]

ジュン☆さま

このガラス、赤と青のドローイングが素晴らしいガラスでした。
フルシートがあまりも美しい絵画のようで、
そのまま嵌めこみたかったのですが、
用意したスペースとガラスの面積を考え、
白のバリゲードを1枚追加して、作りました。

自宅でこのようなガラスを日々眺めることができて、
贅沢な幸せを味わっています。
で、すっかり満足してしまい、他の物を作る意欲がなくなって
しまいました。。。
  1. 2009/09/11(金) 10:29:36 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/179-cd555985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。