日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガラスのご飯茶碗

今朝の天気予報を見たら、28度になるという。
待っていたのよ、暑くなるのを。鶏飯食べたくて。。。
本場の鶏飯は食べたことはないから、全くの自己流だけど、
鶏がらとももと昆布でスープをとって、
干ししいたけを戻し千切りにし甘辛く煮付けたのとか、
錦糸卵や胡瓜の千切り、鶏ももを細かく裂いたのや、
生姜、茗荷、葱、なんかを適当にご飯に乗せて、スープをかけて
お茶漬け風にかっこむ。
これが美味しいんだな~♪

藍學舎さんで巳亦 敬一さんのこのガラスの器を見つけたときから、
このガラスで鶏飯を食べようと決めていた。
だから暑くなるのを待っていたのよ。
掌に丁度収まって、大きくなく小さくなく、だから2杯もおかわりしちゃって、
あ~美味しかった!


工藝藍學舎さんでの笠原博司さんと新裕二さんの染織展を観てきたのだけど、
それはそれは眼福だった。
宮城の山里の草木が絹糸に染まり、
八重山の麻に藍が染まり、
縦横にこつこつとあやなされることを想像しながら会場を見渡すと、
そこにある布一反一反がとてもとても尊く思えて。。。
いつかこのめまぐるしい日常をを抜け、ゆったり着物に袖を通す日々を夢見たりしていたのだけど、
それまでに、私も布に適う人にならなければと気がつき、愕然というか納得。。

気を取り直し会場を眺めつつ発見したのが、この器。
他にも新作がいっぱいあって悩んだのだけど、
なんていったって、食の基本はご飯。この器はご飯茶碗にも使えそうと、決めた。


猫ホテル 019

猫ホテル 021

猫ホテル 020

色も形も気に入って、出会ってよかった。。



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/23(火) 21:52:19|
  2. ガラスを買う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<コダルのネックレス | ホーム | おじさんの仕事は。。。>>

コメント

私も、この前の日曜に
藍學舎さんにいってきたんですよ~
残念ながら笠原さんの織物の展示は
拝見できなかったんです。
でも、巳亦さんの展示は拝見してきました。
この器で、鶏飯ですか☆
さぞかしうまいでしょうねぇ^^
お茶碗に使うなんて、
思いもつきませんでした!
  1. 2009/06/24(水) 21:38:33 |
  2. URL |
  3. へのへの #-
  4. [ 編集]

へのへのさま

へのへのさんもお出かけになりましたか。
展示会の初日は150人詰め掛けたそうで、
藍學舎さんの店内は酸欠になるくらいの
賑わいだったそうですね。
東北の小さな町での展示会に、これほどの人が
押し寄せるとは驚異的なことだそうですよ。

巳亦さんのこの器、使いやすくてお勧めです。
  1. 2009/06/25(木) 20:22:01 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

>いつかこのめまぐるしい日常をを抜け、ゆったり着物に袖を通す日々を夢見たりしていたのだけど、

そうですね、私も憧れます。

そしてそして、このガラス器。
なんということでしょう!!
美術館では会えない作品ですね。
このお茶碗なら、普通のお茶漬けでも絶品でしょう。

  1. 2009/06/27(土) 13:00:36 |
  2. URL |
  3. CROKO #r6uSoc5A
  4. [ 編集]

驚きました

はじめましてkuroihitomiさま
自分のブログの履歴からこちらへ今日はじめてお邪魔しました。
縁のある巳亦さんの楕円高台鉢で鶏飯を頂くお話しに、
空腹を憶えながらも、
お話しの面白さに一気に、08.06の最初まで、
一気に全部拝見しました。
読み出したときには、パワフルで好奇心の塊に、
お若い女性と思っていたのに・・・。
ご家族のお話などで、あれれ。
ご婦人なんだ・・・。
さらに先に読み進むと・・・時間的にはさかのぼっていっているのですが、
プロフィールにあるように、
ほんとうにガラスへの愛情がひしとつたわり、
その無条件な愛おしむお姿に感激し。
いつしかステンドグラスも良いじゃんとか。
そうそうガラスブロックって時にオシャレな構造体だ、とか。
しまいには、白井晟一を学生時代に読む??
それって白井晟一氏が活動時にリアルタイムなら、
ぼくとそう変わらない?
んな、バカな。
ブログの中にほとばしるエネルギーにもの凄く、
力をいただきました。
ぼくも負けずにうつわバカでいこう!!
いえ、kuroihitomiさまは「ガラス好き」ですから。
長くなりましたが、興奮と感謝をお伝えしたくて、
コメントさせていただきます。
これからも時折お邪魔させて頂きます。
             うつわ屋甘庵
  1. 2009/06/27(土) 14:25:48 |
  2. URL |
  3. 甘庵 #70/559Bg
  4. [ 編集]

CROKOさま

亡くなった母は、真夏の朝、ご飯茶碗に洗ったご飯をいれ、前夜の父のつまみの枝豆を鞘から出してのせ、しょっぱい塩引きをほぐしてのせ、冷茶を注ぎ、ささっとかっ込んでいました。
そんな母が、この茶碗を喜んでくれそうな気がします。




  1. 2009/06/27(土) 17:46:18 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

甘庵 庵主さま

はじめまして。
時々こっそりお伺いしておりました。
私がきちんとご挨拶すべきなのを、身に余るコメントを頂戴いたしまして、恐縮しております。
ありがとうございます。
甘庵 庵主さまのブログ 穏やかに作品を愛でる表現が羨ましく、荻窪銀花さんも憧れており、よく読ませていただいております。

私はいつまでもガラスの傍にいて作り続けたいと、我がお尻を叩くつもりでこのブログを始めたのですが、
いつのまにか他人の作品をあ~だこ~だ言うばかりになってしまいました。
あげくに調子に乗って、巳亦さんの楕円高台鉢を、ご飯茶碗呼ばわりしてしまい、ごめんなさい。


無条件
私はこの言葉が好きです。
無条件にガラスを愛したい。
でも綺麗だとかそうでもないとか、あ~だこ~だ
いっぱい難癖をつけてしまいます。
私の本質が、無条件とは対極の、あれこれ条件ばかりつけたがる度量の狭いヤツなんですね。
だから私はあらゆるガラスを愛することを通し、
ゆくゆくは起こりうることを無条件に受け入れることができる、器のでっかいばあさんになりたいと願っています。
いや、ばあさんには既になっているのですが、器がね。。。
そんなわけで、あの器のこと、その器のこと、いろいろ教えていただきたく、お願いいたします。
またのご訪問を、楽しみにお待ち申し上げます。











  1. 2009/06/27(土) 20:01:13 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/166-88df5891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。