日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おじさんの仕事は。。。

この前の日曜、仕事途中にぽっかり空いた30分に、東照宮の骨董市に立ち寄ってみた。
さらっと眺めて、びびっとくるモノがなかったので帰ろうとしたところ、
足元に見つけたのがこの画像。
途端に、私のなかに眠っていた記憶が起き出してきた。

理科



中学生の頃、よく謎のおじさんとすれ違っていた。
細身で彫が深く白髪混じりで、眼光鋭く、俳優かと思うくらいハンサムで、
でも、あまりにも近寄り難い雰囲気で、私はすれ違うたび妙にドキドキハラハラしたものだった。
そのうち、おじさんと目が合うようになり、一瞬だけどそのおじさんの表情が緩む気がして、
それにもドキドキしたりしていた。

その後、私は進学で仙台を離れたりして、そのおじさんとすれ違うこともなくなったのだけど、
何年も後におじさんの正体を、新聞記事で知ることになった。
おじさんは東北大学の技官で、ガラスの実験器具とかの製作をするのが仕事だったのだ。
研究者の目的に適った実験器具を、長年設計製作し続けていて、
だから東北大学で、多くの研究者が偉大な成果を生み出すのも、
この人の影の尽力があってのこと。。。というような記事だった。


割れたガラスもゴミも一緒に古ぼけたボストンバックに入れられ、捨てられたように置かれた
ガラスの実験器具たち。
おじさんの仕事は、こういうのを作ることだったのかしら。。
私は実験も研究もしないけれど、あのハンサムなおじさんの記憶が甦った記念に、
ガラス管を数本、求め帰った。



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/17(水) 11:45:21|
  2. ガラスを発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ガラスのご飯茶碗 | ホーム | つまり、そうめんを食べたいのだ>>

コメント

短編小説を読んだような感があります。
大人になって始めて、ああそういうことか、と思うことありますね。

そのおじさん、ハンサムでなかったら思い出さなかった?

ところで、仙台でしたね?
仙台の東照宮といったら、伊達家に関係あり?
だとしたら
伊達男と言われた政宗の拘りは、風雅にも通じているとか。
良い所に住んでるんですね。
  1. 2009/06/18(木) 10:10:39 |
  2. URL |
  3. CROKO #r6uSoc5A
  4. [ 編集]

CROKOさま

子供の頃は渋好みだったんです。
素敵なオジサマにばかり目がいっていたんですね。

伊達男も風雅も、この街にあるのでしょうか。。
あまりに長いこと同じ場所に住んでいると、
この街の良さに気がつかなくなります。
  1. 2009/06/18(木) 12:55:50 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/165-b05cd8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。