日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

興福寺の硝子に会ってきました

奈良・平安朝の頃、塔堂建立の際、地鎮のため地下にガラス玉などの宝具類を埋めたそうで、
興福寺金堂からは800個あまりの碁石型のガラス玉が出土されたという。
そのガラス玉の画像には必ず(東京国立博物館)と記してあって、気になっていた。
興福寺といえば、今話題の阿修羅像、しかも東京国立博物館で公開されているならば、
このガラス玉たちにも会えるかも。。と行って参りました。

いやはや、、、想像以上の難行苦行でした。
それでも、やっと会えたライトアップされたガラス玉たちは美しく、
色彩の乏しい展示物の並ぶなかで、そこだけは楽園のようでした。
いにしえの人々にとって、この碁石ほどのガラスの粒たちが、
どれだけ貴重で、強烈な力を放っていたかことか。
まるで今発掘されたかのように、うっすら土をまといそこにあるガラスたち。。
当時、無垢のまま輝くガラス粒を地中に埋め、世の安寧を祈っただろうことを思うと、
なんだか胸が熱くなってくる。。。と思えるのは帰宅してからのことです。
なにせ、10秒も立ち止まることは許されず、じっくり見ることなど無理。
早く動けと急かされながらのご対面でしたから。。。

それにしても阿修羅さまは、人混みという難行も厭わず、ブームに踊らされ会いに来る人々の波を、
どう思い眺めていたのだろう?
わざわざ観に行かなくても、鏡を見れば疲れ果てた老婆の阿修羅のごとき顔が、
否応無く目に飛び込んできて、参りました。。



画像は、国立博物館平成館の2階にある、ガラスの壁面。
へとへとの身体を引きずりながら、このガラス越しに庭の緑を眺めたときの安堵といったら。。

200906051039000.jpg


銀座は和光のウインドウで見かけた、パートドベールの亀。

200906051322000.jpg

2枚とも、デジカメを取り出すエネルギーも無く、携帯での画像。
へろへろ疲労度が滲みでているわ~


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/07(日) 21:22:14|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<シャンデリア♪ | ホーム | 隣家の解体>>

コメント

いや~なかなか、強行軍でいらしたんですね!
でも、その合間をぬってランチとお茶をご一緒できて、楽しいひとときを、ありがとうございました^^

美しいガラスを地鎮のために地中にうずめたとは、はじめて知りました。
天平の(?)時代のひとびとの思いの強さは、現代人の想像を超えたものがあるのでしょうね。
美しいものを産み出すのも残すのも、結局そういう人の心なんですね・・・

掘り出したガラスの換わりに、何か埋めているのでしょうかね?
  1. 2009/06/08(月) 19:58:27 |
  2. URL |
  3. a'kee #-
  4. [ 編集]

a'keeさま

前夜夜中に仙台を発ち、早朝八重洲到着徒歩で築地海鮮丼。徒歩有楽町へ。上野にて阿修羅とルーブル鑑賞の後、銀座にてa'keeさんとランチ&tea time。上野に戻り友人と合流後、田端にてガラスの買物。神田に移動して息子と夕食。徒歩東京駅地下に移動し、夜中のバスで翌早朝帰仙。
疲労回復に、たっぷり二日間ベットに沈んでおりました。

銀座でのおしゃべり&お食事、楽しかったですね!
a'keeさんとのおしゃべりは良き充電になりました。
スパイシーで美味しいハンガリーのお肉料理も、
エネルギー補給になりました。
ありがとうございます。

それにしても、阿修羅とルーブルの混みようは、異常でした。事故でも起きたら、本当の修羅場だわね。。と、ぎゅうぎゅう人波に揉まれておりました。

興福寺は幾度かの消失再興を繰り返しているそうで、今回の阿修羅さまのご出張も、いわば金堂再建の資金集めの興行。
金堂再建のおり、国立博物館は、あのガラス玉を興福寺に返却するのでしょうか。。。


  1. 2009/06/08(月) 22:34:32 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

行きましたか、阿修羅さん
私は興福寺で正面しか見ていないのですが、人はまばらでした(笑)

>塔堂建立の際、地鎮のため地下にガラス玉などの宝具類を埋めたそうで、

そうなんですか、それは興福寺にもあったのでしょうか、肝心なものを見落としてるんですね私。
今度また視察に行ってきます。

和光の亀さん、私も見ました。
ほかにもこまごまとありましたが、欲しいものには出会えませんでした。
  1. 2009/06/09(火) 08:18:49 |
  2. URL |
  3. CROKO #r6uSoc5A
  4. [ 編集]

CROKOさん

皆さん平気だったのかしら?あの人混み。。
阿修羅さんの周囲を廻るのに、人の流れを計算していない会場設計に怒りさえ覚えたけど、
美しい少年を前にすると、何故か怒りを忘れるのでした。。。

興福寺金堂土壇からは800個の碁石大のガラスが発掘されたとあります。
私が見たのはその一部ですね。

和光ではところどころにガラスを配したディスプレイを眺めていましたが、ガラスでぐっとくるのには出会わなかったですね。ま、ある意味それがラッキーでもあるのですが。。。


  1. 2009/06/09(火) 12:11:45 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/161-3563c95e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。