日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

隣家の解体

長年放置されたままだった隣家の解体が、とうとう始まった。
まずは、荒れ放題だった庭の松の大木が次々伐採されたのだけど、
それをしたのは林業の人たちだそうで、
チェーンソーを腰にぶら下げ、松の木を上る姿にホレボレ。

やがて久し振りにその姿を人目に晒した姿は、それはそれは哀しいものだった。

ガラス 608


この家のおじいちゃんには、随分と可愛がってもらったものだった。
ご近所付き合いをあまりしない人だったけど、
小学生の頃、よく縁側に誘われてお茶をご馳走になったり。。
それから高校生の頃には、結婚相手をみつけてあげるから と会うたびに声をかけてくれたり、
まぁ、それが嫌で、おじいちゃんを避けたこともあったったけど。。。
ごめんね、おじいちゃん。。。


そんなことを思い出したものだから、解体業者の人に、廊下のガラスを1枚だけ記念に頂戴とお願いしたら、
「お金をかけて処分するものだから、いっぱい好きなだけ持って行ってください」
と言ってくれたけど、それも困る。。
戦前の歪んだガラスを1枚と型板ガラスを2種類、スリとクリアのグラデーションを1枚、
おじいちゃんの思い出として頂戴しました。
薄くて頼りなさげなガラスだけど、おじいちゃんを思い出しながら、
箱でも作ろうかと。。。

ガラス 607

ガラス 606

ガラス 609

先ほどから、本格的に重機での解体が始まった様子。
凄まじい解体の音が聞こえてくる。




にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/28(木) 11:18:24|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<興福寺の硝子に会ってきました | ホーム | Collaboration Obidome>>

コメント

う~ん、さびしいものですね・・・。
事情あってのことなのでしょうが、風景が失われていくのは、切ないですよね。

微妙な凹凸が光を豊かに見せる、木の枠にはまった昔の板ガラス、私も大好きです。

のびたんに救われたガラスは、きっと喜んでいますね!
  1. 2009/05/29(金) 09:54:50 |
  2. URL |
  3. a'kee #-
  4. [ 編集]

家の解体ほど寂しいものはありませんね。
私の実家も建て替えのときに、親の反対をおして見学に行きました。
涙が出ましたね。

テレビのビフォーアフターも好きです。
古いものが新しくなる、その変身振りが空きなんですが、古い階段をリメイクしたり、おじいちゃんのお気に入りのガラス戸を壁に埋め込んだりと、匠たちの技にいつもうっとりでした。

さて、このガラス、どんな風に変身するんでしょうね?
愉しみですね。
  1. 2009/05/29(金) 18:01:39 |
  2. URL |
  3. CROKO #r6uSoc5A
  4. [ 編集]

a'keeさま

この画像ではわかりませんが、
右手にはさらに和洋折衷の棟と石倉が
続きます。

昔の板ガラス今や絶滅危惧種です。
大きな倉庫でもあったら、手当たり次第保護したいところです。
今はあのキレを模した、建材として耐えうる板ガラスもあるのですが、
揺らぐ、はかなげな表情までは持ち合わせていません。
解体屋さんは気をきかして、ガラスを建具から外して
くれたのですが、木の建具ごと引き取りたかったです。ぐすん。。。
  1. 2009/05/29(金) 23:31:12 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

CROKOさま

正確には隣の隣なのですが、
長年放置された家は荒れ放題でした。
屋根は大きく歪み、今年の梅雨には崩落するのではないかと、ハラハラしておりました。
実際ご近所に長年放置された家が、ある年の梅雨に、たっぷり含んだ雨水の重さに耐えられず、突然2階部分がどっすーーんと崩落したのです。
突然の景色の変化に呆然としました。
今もその現場は廃墟のままあるのですが、
この季節、その廃墟を覆うように素晴らしいピンクの薔薇が咲き乱れています。
廃墟の朽ちた木を栄養にしているので、薔薇は年々色濃く大輪になって咲くのです。
ある意味怖い話です。

ビフォーアフターの匠のマジック、
私もやるね~!と驚きの連続で観ています。
そして、毎回予算ギリギリセーフなのも驚きですわ。
  1. 2009/05/29(金) 23:55:18 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

のびたんさんを可愛がってくれたおじいさん、結婚相手を探してあげると言うくらいかわいがってくれたんですね。
何だか切ない話です。
戦前のガラスなら吹きガラスかな?
記念になりますね。
暫くは音もうるさいでしょうが、、、
新地になるのでしょうか。
  1. 2009/05/30(土) 12:24:53 |
  2. URL |
  3. ジュン #-
  4. [ 編集]

ジュン☆さま

我が家のご近所は、戦災に遭わなかったらしく、
戦前からのお屋敷が点在していますが、
瓦屋根のお家が無くなっていくのは、寂しいですね。
私がお大尽だったら、戦前の吹きの板ガラスを収集したいのですが。。。
サンゴバンやランバーツ、和ガラスの器ならともかく、日本の吹き板ガラスを集めてどうするつもり?と自問自答して、結局諦めてしまいます。
解体の騒音の中に、ガラスの割れる音が聞こえると、やりきれなくて耳を覆ってしまいます。
  1. 2009/05/30(土) 21:11:53 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

ハジメマシテ。

いつもそこにある風景がなくなるって
心にぽっかり穴があいた感覚に近いですね。

想いがつまったガラスで
作品を作られるコト素敵だなと思います。
  1. 2009/05/31(日) 10:30:16 |
  2. URL |
  3. イズ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

イズさま

はじめまして。

当たり前の風景が突然変化したことに驚いても、
いつの間にか新しい景色に慣れてしまい、
もう以前の景色が思い出せなくなってしまいます。

昔のガラスは薄く、ちょっと頼りなく感じます。
何を作ろうか、思案中です。
  1. 2009/06/01(月) 22:17:16 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/159-fae155c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。