日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ああ。。勘違い。。

ガラスの教室に通い始めて、目にする物の何もかもが珍しかったけど、
用語も理解できるまで???の連続だった。。
というか、勘違いばかりで。。。
以下笑い話でつ。

例えば、、、ガラス会社の名前
「ブルーザイ」は「ブルー材」だと思っていました。
青いガラスは「ブルーのガラス材」。
でも赤いガラスもピンクのガラスも「ブルー材」と呼ぶのでこんがらかってしまい、
先生に伺って、やっとブルーザイがアメリカの有名なガラス製造会社と分った次第。
そのブルーザイ社を私は今年初めに訪問したのですが、
なななんと!ブルーザイは雄牛の目「BULL'S EYE」だったのですね。
私はずーーーっと(先生に伺ってからその後十数年も!)
青の目だと思っいていたことを告白したら、、
同行してくれたわんこちゃんとおーちゃんに呆れられたのでした。
http://www.bullseyeglass.com/



「サンゴバン」は私の中では「珊瑚板」で、
珊瑚を使ったガラスのはずだったのですが、
それがフランスのガラスメーカーでSAINT-GOBAINと書くと知ったときは
新鮮な驚きだったな~。。
珊瑚は入ってないそうで。。
そのサンゴバンのサイトでは、吹きの色板ガラス(アンティーク)の製造の動画が見られます。
http://uk.saint-gobain-glass.com/b2c/default.asp?nav1=pr&nav2=fabrication


「入暗」は光と影を劇的に演出する魔法のガラス。。ではなく、
「NEW ANTIQUE」の略だったし。。


イングリッシュワッフルとは美味しいそうな名前だと、気に入って使っていましたが、
イングリッシュマッフルと気付いたときは、密かに赤面いたしました。。
http://www.wissmachglass.com/englishmuffle.aspx


ちょっと調べたら分ったことなのに、聞こえたままを覚えてしまい、
恥じ多い人生を送っている、トホホな私です。。。



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ←ポン♪

スポンサーサイト
  1. 2008/12/17(水) 14:55:37|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<昨夜は飲みました | ホーム | 秋保&作並>>

コメント

こちらこそ~
さっそく、私もリンクさせていただきました☆
このような出会いにめぐりあえて、
藍学舎さんで、思いきってお人形好き&ブログを
カミングアウトしてよかったです。
  1. 2008/12/17(水) 21:05:21 |
  2. URL |
  3. へのへの #-
  4. [ 編集]

いや、信じ込んで正しいと思ってるから調べようと思わないんでしょうね。(笑)

ちなみ「ブルズアイ」はロンデルガラスのことをイギリスでそう呼んでいたと本に書いてあった記憶があります。

入暗(笑)は一見アンティークガラスのようなテクスチャーなのですが、よく見ると気泡も入ってないし味わいに乏しいです。
すごい手間をかけてダマという技法で模様を入れたのですが、焼くと脆いしやっぱり気に入らなくってアンティークガラスでやり直した事があります。
  1. 2008/12/18(木) 01:43:44 |
  2. URL |
  3. わん!わんっ! #-
  4. [ 編集]

へのへのさん

最近のお人形遊びは、オトナの遊びに進化しているのですね。
オドロキです☆
私もその世界に私のガラスもお邪魔させてもらい、
嬉しいです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
  1. 2008/12/18(木) 15:52:33 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

わんこちゃん

ニューアンティーク 正確には ドイツのSCHOTT社
のARTTIST というガラスで、膨張係数もでていて
フュージングにも使ったことがありますが、アンティーク風のテクスチャーを生かし窓にそのままいれる
建材としてのガラスなんでしょうね。。
イングリッシュマッフルを作っているWISSMACH社
型板ガラスを量産するSAINT-GOBAIN社
上記3社は建材としてのガラスに力を入れているようですね。

ブルズアイの由来 深いですね。
ウロブロスの尻尾を噛んでいる蛇はどんな由来なんでしょうね。。。

ダマ 絵付けは深いな~
  1. 2008/12/18(木) 16:46:55 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

ガラスって、素人には想像できないぐらい、色んな種類があるんですね・・・

私にも、この手の勘違い、いっぱいありそうなので、同じくらい面白いのをなんとか思い出そうとしておりましたが、うまく見つかりません!

でもね、珊瑚板とか、入暗とかのほうが、味ある名前って感じがするんですよね、不思議と?


  1. 2008/12/23(火) 16:34:17 |
  2. URL |
  3. a'kee #-
  4. [ 編集]

a'keeさん

工芸用ガラス、建材用板ガラスもたくさんのメーカー、種類があって、それぞれに名前がついています。
その名前がなるほど納得なのです。

ステンドグラスの先生たちはガラスの種類、色、
テクスチャーに詳しいのですが、
もう一つ、ガラスを見たときの色と、光にかざしたときの色の違いにも精通しているのです。
凄いですよね。
  1. 2008/12/25(木) 12:46:01 |
  2. URL |
  3. kuroihitomi #nmxoCd6A
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuroihitomi1010.blog43.fc2.com/tb.php/115-ebcf1799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。