日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これも和ガラス

デリーからタージマハールがあるアグラにはバスで行った。
3~4時間かかる道中、砂漠の中にぽつんとある町にバスが停まり休憩に降りたとき、
その町で私は摩訶不思議な指輪を見つけた。

小豆ほどの大きさの綺麗なピンクのスタールビーの周囲を、
小粒のビーズ状のトルコ石がぐるりと囲んでいる。しかも台はゴールド。
まるで夜店で売っているような下品な指輪だったけど、
何故か私は惹きつけられた。

スタールビーは私の見る限りリンデンではなく本物(のよう、、)だった。
普通ルビーの取り巻きはダイヤで、柔らかいトルコ石で取り巻いているものなど
見たことはなかった。
祭りの夜店でカーバイドの灯りに照らされるのが相応しいような淫靡さ。。
身を落としても高貴さは失わないルビーのプライド。。
「センス」だとか「好み」だとかを超越した磁力。。

これほど惹きつけられた指輪だったのに、私はこの指輪の入手は断念した。
出発の合図が気になったし、仏頂面の店主との値段の交渉も面倒だったし。。
波乱を呼び込むような胸騒ぎもするし。。


それから私は旅の間、頭の片隅にあの下品なスタールビーの指輪が頭の隅にいつもあって、
入手しなかったことを悔やみながらインドの旅を続けた。
先々で宝飾店をみてはあの指輪を探したけれど見つからなくて、
急いで仕立ててくれるという店を見つけ、こういう指輪を作ってと交渉したけれど、
スタールビーの取り巻きにトルコ石なんて!と呆れられ、実現しなかった。

インドへの旅行に先立って、インド通の知人は私に「ここはインドだから。。」と
呪文のように呟きなさいと教えてくれた。
なんもありのインドなのだから、、と。。
そのインド人にも断られるなんて!と笑ってしまったっけ。。



このガラスの器を骨董屋のウインドウ越しに見つけた瞬間、
私はあのインドの指輪のスタールビーとトルコ石の色目を思い出し入手した。

このガラスには、あのインドの指輪ほどの磁力は感じられない。
だけど、大正の頃にこのガラスを愛でた人の笑顔が見える。
作った人の挑戦と意気込みが分かる。
高揚した時代のエネルギーが伝わってくる。
そういう意味で傍に置きたいガラスだ。

P1030373.jpg

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。












スポンサーサイト
  1. 2012/07/10(火) 01:01:12|
  2. ガラスを買う
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。