日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

眼科のガラス

子供の頃、毎年冬になると眼科通いが続いた。
原因不明の瞼の縁の荒れだったのだけど、
なかなか治らなかった。

眼科に行くと、まずは目の洗浄。
瞼をめくられて、アンバー色のガラスの水差しから清水を注いでもらう。
頬の上に当てるように持った水受けに流れていく。
程よく温められた清水が気持ちよく、あっと言う間に終わるのだけど、
もっとしてくれないかと、いつも思っていた。
それから点眼。ガラス容器の蓋がスポイトになっていて、
そこから薬を注され、お終いはガラスの細い棒につけた軟膏を
すーっと瞼の縁につけ、湿った脱脂綿で目を押え、治療は終わり。

そんな眼科通いが長く続いた。
それがある年の冬、もう成人した頃だったかに、突然ぴたりと治まったのだ。
原因はスパイクタイヤだったとしか思えない。
その年からスパイクタイヤが規制され、スタッドレスタイヤに代わって以来、
ぴたりと私の瞼は荒れなくなったのだから。。

あれから眼科に通うことなど長く長くなかった。
それが昨年白内障の手術をすることになって、久しぶりに眼科を訪れてみたのだけれど、
あれまぁ~様子が全く違っていることに驚いたのなんのって。。
あの懐かしいガラスの目洗いの水差しや薬瓶の存在は無く、
変わって検査用精密機械がずらりと並んでいるばかり。
片目におしゃもじを当てて、上とか右とか当てる(?)視力検査もしないのだ。
皆機械が測ってくれるのだ。。


医学の進歩とともに、どこの医院からも消え去ったガラスたち。
今日ふらりと入った古道具屋さんに懐かしい目洗いの水差しをみつけ、
懐かしくて連れ帰ってしまった。
左の瓶は初めて見るものだったけれど、丸い蓋が面白いのでこれも一緒に。。


DSC_0505.jpg


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/22(火) 20:36:34|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。