日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無駄の塊

段ボール箱に何箱分も溜めこんである、フリーモントの端っこガラスたち。 
→邪魔なのよ。場所の無駄。

そのガラスで作り溜めた、大小数百枚の丸いガラスたち。
→ルーター1台ダメにした。お金と時間の無駄。人差し指の爪も削ってしまったよ。

京都で買った傘をモールドにして、ランプを作ってみた。
出来上がってみたら、ひっかけのシーリングでぶら下げるところがない。
→計画性がないのよ。

トイレに下げられると、ぶら下げてみた。
→あらら、、無駄に明るい。無駄に派手。

廊下にも1か所あったけど、この前のパネルの傍。パネルと合わない。
→やけっぱちでぶら下げてみた。

ガラスの綺麗さがわからないよ。
→なに作っていたんだ。涙。。。

まっいいか。。廊下の壁に映る色がキレイだから。

とまぁ、無駄の塊のようなランプを作ってしまった。
そんなことを書くのも無駄だね(涙)

P1030317.jpg

P1030322.jpg



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/10(土) 00:29:12|
  2. ガラスを作る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

わんこちゃんのこと

2年前の今日のことだった。

私は午前中の仕事を慌ただしく終え、千葉に行こうと新幹線に乗ろうとしていた。
昼食にと、駅ビルの地下で握り寿司を買ったのだけど、
選んだのは雲丹の軍艦巻きだけの折箱。

車中で食しながら、私はなんだか今日はヘンだと思っていた。
私は雲丹だって好きだけど、もっともっと好きなのは鮪で、
いつもなら鮪を選ぶのに決まっているのに、
今日は雲丹を選んでいたから。

私は千葉でわんこちゃんを見舞い、
とんぼ帰りで仙台に戻り、
そしてまた何故だか駅ビルの寿司屋に立ち寄り、
雲丹だけを食べて店を出た。

見舞ったわんこちゃんのことや、不思議に雲丹ばかり食べる今日のことを思いながら
家路へ向かって歩いていた時、
携帯が鳴り、私はわんこちゃんの死を知った。

さっき会ったばかりなのに、、
信じられない、、
受け入れることができずに呆然としていたとき、
突然私は1か月前にわんこちゃんとの話を思い出した。
「のびたん 今度下北に一緒に行こうよ。TVで見た雲丹が美味しそうだったんよ」
わんこちゃんはそう言ったっけ。。

そうか、今日の雲丹はわんこちゃんが食べたんだって、私は納得した。
そろそろお寿司屋さんを出ようと見た時計の時刻は
わんこちゃんが旅だった時刻だった。



私たちはmixiで知り合った。
偶然同じ年齢で、ガラス好き。
ガラス関係のコミニティを覗くと、いつもわんこちゃんの名前があった。
わんこちゃんはガラスに限らず、木工、編み物、洋裁、何でも作りまくり、
キレのよい日記を書いて、楽しませてくれ、大いなる刺激を与えてくれた。
仙台にも訪ねてきてくれたし、一緒にアメリカ旅行にも出かけた。
サンフランシスコ、パロアルト、ポートランド、、

私達はアメリカの先進的なグラスアートについてや、
脱鉛の流れだとか、ランバーツとサンゴウバンではどちらが絵付けに向いているか、、など、
批評家気取りで話し込んだものだった。

わんこちゃんは、ステンドグラス・アートスクール出身で、
伝統的絵付けステンドグラスを作っていたけれど、
作品のテーマは花札だったり、ミック・ジャガーだったりで、
一味も二味も違う独創的ステンドグラスだった。

思えば、私がわんこちゃんとお付き合いを楽しんだ5年は,
わんこちゃんにとっては闘病の5年間でもあった。
けれど彼女はあらゆるものを作りまくり、間抜けなことに人にだまされもし
運命の人に出会い恋に溺れ、旅行で日本を、世界を駆け回り、、
そして私との約束は律儀に守って、最後に雲丹を食べさせてくれた。

のびたん ブログを続けてね
のびたん ガラスのアクセサリーを作り続けてね
   そしてただで配らないで、しっかりお金に替えなさいよ。
と言って4枚のガラスを私にくれたわんこちゃん。

猫ホテル 084

猫ホテル 085



この2年ちかく、わたしはこのガラスを切り刻むなんてできなかった。
でも、この前思い切ってペンダントにして、藍學舎さんにお誘いいただいた北杜工藝展に展示させていただいた。
酸抜きした貴重なガラスをただ丸くして、ただペンダントにしただけなんて、
わんこちゃんにひねりが無いと一喝されるだろうな。。

でも、私はこのガラスをカットして、ようやく心の空洞が少し埋まる気がしたのだった。
ありがとう わんこちゃん。




にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。


  1. 2011/12/01(木) 15:49:27|
  2. ガラスノホカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。