日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新しいグラスとか、沖縄とか。。。

松島で購入したガラスに、牛乳と紅芋タルトで、
久し振りにゆったりとしたおやつタイムだ。

お茶やコーヒーもいいけれど、
牛乳に甘いものの取り合わせも大好物だ。

このグラス、妙に気に入って連れ帰ったものだけれど、
紅芋タルトに似合っている。

猫ホテル 104


似合うお皿が見当たらないので、
この前買った、フリモントのガラスをお皿代わりに。。。

この贅沢!と悦に入って、紅芋タルトを2個食べちゃった。。


沖縄のお土産、ちんすこうや紅芋タルト、よく頂戴します。
沖縄といえば、沖縄3泊4日サルサツアーっていうのも行ったな~
夜な夜なサルサバーで踊り狂いの旅。
沖縄の人々は心に垣根がなくて、若い男の子でも躊躇なく踊ってくれたっけ。。
仙台では下手なオバサン って、散々イヤな顔されていたから、
うれし涙がでるくらい感激したっけ。。。

その沖縄の心を踏みにじる政治にはやりきれない怒りを覚える。

怒りは食欲へと突き進む私。
紅芋タルト、もう1個いただきます!


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
                  
スポンサーサイト
  1. 2010/05/29(土) 15:38:06|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あ~松島や~

今日は仕事を休んで、松島の藤田喬平ガラス美術館に行った。


十数年前頻繁に訪れていた頃があって、その頃はただ大きくて絢爛なガラスだと思っていたのが、
今は、沢山の可能性の追求の過程のその一つだと見ると、好ましく見える。

猫ホテル 090


また、館内ところどころに貼ってある氏の言葉が納得できるのだ。
俄然60になるのが楽しみになった(笑)

猫ホテル 089

雨上がりの晴天の松島の景色も目に焼き付けてきた。

猫ホテル 097



唐突だけど、私はガラスにまつわるいくつもの傷を心に負っている。
その一つが、この場所だ。
十数年前、私はガラスのアクセサリーを作り続けていて、
その道を進みたいと、この美術館のショップに売り込みにきたのだけれど、
実にあっさりと断られ。。。
それが辛くて、この十数年この美術館には慎重に近づかないでいたのだ。

それが、今日はとても素直な気持ちで美術館もショップも見ることができた。
みんな作り続けている。それだけだ。
作り続けることでしか、解決しないのだ。
仕事が忙しいとか、やる気が湧かないとか、私はいつも言い訳してるだけだ。

傷は、作ることでしか癒されないのね。



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
                  
  1. 2010/05/25(火) 19:51:16|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

私の伴侶

今は本業が忙しく、ガラスを作る暇がない。
本業のストレスをガラスで発散しているようなものだから、
なんだか煮詰まった気分の毎日だ。
ガラスのブログを書こうにも、ネタがない。
仕方がないから、私の伴侶を紹介することに。。。

近視乱視老眼の三重苦を抱えて生きる私は、
起きている間、手元用、普段用、外用の3つの眼鏡を掛け替えながら
動き回っている。

今は
手元用の赤いフレームの眼鏡には、ミルフィオリのビーズを着けて、、、
栗をイメージしたとおいうテオのフレームの眼鏡は遠近両用で、普段と夜のドライブに、、
表がネイビーで裏がイエローの濃いサングラスは遠近両用、外用時に室内でも、、


2.jpg

実はこれだけでは不十分なのだ。
それぞれに、壊れたり紛失した時のために、
あるいは服装に合わせ、替えを用意しないといけない。
まさに、眼鏡貧乏とは私のことだ。

さっさと白内障になって手術してもらうと、
眼鏡から開放されるというけど、
老眼は筋力が原因だから、老眼鏡だけは必要らしい。

考え方や生き方、全てにおいてこの眼球が影響しているのではないかと
思うことがままある。
乱視によるあいまいな輪郭は決断力の欠如や優柔不断を。
近視による遠近感の欠如は、その時だけよければという刹那的生き方。
気配りが苦手で大雑把。
何より微細なものは見ようとしない、気付こうとしない、アバウトな
自己中心的性格。
これらは眼球からくるのだと、こじつけている。
だから、視力を矯正するために眼鏡を掛けるということは、
全うな世界に近づく手段なのだけど、哀しいかな眼鏡だけではどうしようもない。

今眼鏡なしの生活を得たとしても、馴染むのだろうか。
眼鏡は今や皺隠しの便利ツールでもあるし。。
それにファンキーな眼鏡を選ぶのもまた楽しいことだ。

そういえば、昔ガラスのレンズの眼鏡をかけていたとき、
郊外の食堂のトイレで(和風)ふと下を見たとき、
眼鏡を落とすという失敗をしたことがある。
重たかったのよ、レンズが。。。
今はプラスチックのレンズになり、薄くて、軽くて、遠近両用も目立たなくて、
お洒落で、良い時代になったものだ。

プラスチックの眼鏡でもglass繋がりということで。。。


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
  1. 2010/05/16(日) 16:25:23|
  2. ガラスの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

端材が端材を生んだ

部屋を片付けていたら、こんなのが出てきた。


2 002

昔ランバーツをバックにして、木蓮の引き出し作ったときの副産物。
カットに失敗して沢山できた端材を眺めていて、
思いついて作ったフレーム。

フレームの型紙にランバーツの端材を置き、別の白いガラスをカットしてと。。
こうしてランバーツの端材は減ったけれど、
結局のところ、端材処理は新たな端材を生んだだけやん。。

ふてくされる私似のドラネコを入れて。。。


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
  1. 2010/05/09(日) 14:52:37|
  2. ガラスを作る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。