日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帝国ホテルに棲む猫

先日は東京での某オフ会に押しかけ参加。
手仕事の凄い人たちに出会って、言葉なくうなだれてしまった。
ウクライナ刺繍、ポシャギ、韓国刺繍、創作編み物、
皆さんジャンルは違っても、物創りたちの芯は同じなのね。
シャキーンとしているの。

帰り際CROKOさんに帝国ホテルの地下にラリックのアンティークのお店があると教えられ、寄ってきた。

や や やばい。出会ってしまったわ。
帝国ホテルの地下に棲みつくラリックの二匹のガラスの猫たちに。。。

地震津波で、私のささやかな物欲も流されてしまい、
さっぱりとした生活だったのに、
煩悩はしつこくここにある と自覚するはめに。

聞けば既に4人も飼い主を申し出ている方がいらっしゃるそうで、
私が横入りして購入してはその方々に申し訳ないので、購入は断念。
というより、ぽんと170万も出せるワケがない。
まぁ、4人の飼い主候補にはもれなく「宝くじに当選したら」
という枕言葉がつくそうで、それなら私には当てはまらない。
だって私、宝くじ当選を夢想することはあるけど、実際に宝くじは買わないから。
お金が勿体無い。
欲しいものは働いて貯めて買おうじゃないの!と一瞬の努力目標を掲げるのが
得意な習慣なのよ。

ラリックの2匹のガラスの猫たちは連れ帰ることはできなかったけど、
久しぶりに、東京とんぼ帰りをしたというオハナシ。



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。



スポンサーサイト
  1. 2011/06/20(月) 18:40:57|
  2. ガラスを発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

LOVE注射器

子供の頃、よく高熱をだしては、ご近所のモリグチ先生のところで診てもらったものだった。
ぶっとい静脈注射をしてもらう間、先生や母や看護婦さんが次々に
「すぐ終わるよ」「もうちょっと我慢だよ」「いい子だね」「は~い終わったよ、エライネ」
なんてちやほやしてくれるし、帰り際には我慢のご褒美だよってお注射の空き箱をくれるものだから、
病気も苦ではなかった。
それどころか、大柄で白髪混じりの太い眉と口髭がふさふさとしていて、
ぎょろ目でとても威厳のある風貌のモリグチ先生が、愛想を振りまいてくれるものだから、
私はなんだか自分は特別な子なんだと思ったくらいだ。
(その頃から私の勘違い人生が始まっていたのかもね。。)


な~んて、遠い日を思い出しちゃったよ。チョビちゃん!

チョビちゃんの先生は美人でうら若い獣医先生だ。
(お顔画像は絶対ダメだそう。。)
腎臓肝臓膀胱あれこれ参っているチョビちゃんは
頻繁に皮下補液をしてもらうのだけど、
先生はこのでかい注射器で短時間に水分を体内に注入する。

201101311007000.jpg


「センセーチョビちゃんにラブチューニューだね!」って言ったら、
「笑わせないでくださいよー。力がはいらなくなりまよー」だって。。

それから先生は「そうだ、この注射器作れませんか~?ガラスですよ!」
っておっしゃるけど、私に作れるワケないでしょっ。
聞けばこの注射器は1本4.000円以上するんだそうで、
「だから、何かのはずみに割ると泣けちゃいます」だって。

そう聞いてじっくり注射器をみると、実に精巧にできていて、
どう作られているのかとても不思議。

そうこうするうちにラブを注入されたチョビちゃんは、じっと私を見つめる。
16歳になる爺さま犬だけど、目つきがどんどんあどけなくなってきて、
愛おしくなってくるんだよね。


繝√Ι繝・001_convert_20110427194641



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。

     
  1. 2011/04/27(水) 19:19:59|
  2. ガラスを発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

切子壮観

今日、仕事途中に立ち寄ったスーパーマーケット。
入り口入るなり、度肝抜かれますた。

切子の山。

201007231129000.jpg

201007231129001.jpg

201007231132000.jpg

あるわ、あるわ、、、
こんなにたくさんの切子のガラスを見たことがないので、
ただただおくちあんぐり。

明日気を取り直して、見てきます。


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。

  1. 2010/07/23(金) 19:17:24|
  2. ガラスを発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

バッハホールにて

日曜日。
友人に誘われて、仙台から車で1時間、
田園の真ん中にある、中新田バッハホールに行って来た。

バッハホールは音響効果の優れていることでも有名だけど、
ダルガラスのステンドグラスがすごいのです。
撮り忘れたけど、入り口からしてダルだもの、度肝を抜かれちゃう。
ホールのあちこちにダル♪
中庭にもダル♪

バッハホール 001

バッハホール 006

バッハホール 004


で、肝心のコンサートの演奏者二人。
中野翔太さん松永貴志さん
いや~凄かった!
若き天才ピアニスト、方や感性のジャズ、方や理性のクラシックの二人が
くんずほぐれず2台のピアノで戯れて、素敵なコンサートだった。

きゃっ、中野翔太さん私を見てる~♪

バッハホール 007

バッハホール 014


コンサートの前にはお気に入りの森のレストランgenjiroさんに友人をご案内し、
美味しい料理にみんな大満足♪

コンサートの余韻を、藍學舎さんのカフェ・ゴーシェにて美味しいコーヒーとゼリーを頂きながら
思い返しつつ、、、
楽しい一日を過ごしたのでした。


ところで、今回バッハホールの方に伺ったところ、バッハホールのダルはドイツ製の光学ガラスを使用しているとのこと。
てっきりフランスのサンゴウバンだと思っていた私の思い込みが判明。
ドイツ製の光学ガラスで色がついているって、どんなガラスなんだろう。。
調べてみようっと。。



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。

  1. 2010/07/13(火) 18:52:43|
  2. ガラスを発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

はじめましてYSB 1103さん

初対面の方と話をしていて、ひょんなきっかけでガラスの話になり、
話が大きく盛り上がったりすると、すごく嬉しい。

先日もそういう出会いがあって、
その方は秘蔵のガラスを見せてくださった。

k 014

日本の古いガラスだそうで、
なんでも、発電に使ったとか。。
各面には「ysb 1103」と浮かんでいる。
全体に気泡が見られ、とっても温もりのある、懐かしく思えるガラスだ。

大きな型板ガラスの前に置いて、記念撮影。

その人の大切な物って、人柄と重なるんだな~としみじみ思った、
春の日だった。

追 このガラスでの発電についてご存知の方がいらっしゃいましたら、
  どのような使い方をしたのか、教えてください。


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。
  1. 2010/04/26(月) 18:46:38|
  2. ガラスを発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。