日々 ガラス とか。。

見たり、買ったり、作ったり、壊れたり。。あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これも和ガラス

デリーからタージマハールがあるアグラにはバスで行った。
3~4時間かかる道中、砂漠の中にぽつんとある町にバスが停まり休憩に降りたとき、
その町で私は摩訶不思議な指輪を見つけた。

小豆ほどの大きさの綺麗なピンクのスタールビーの周囲を、
小粒のビーズ状のトルコ石がぐるりと囲んでいる。しかも台はゴールド。
まるで夜店で売っているような下品な指輪だったけど、
何故か私は惹きつけられた。

スタールビーは私の見る限りリンデンではなく本物(のよう、、)だった。
普通ルビーの取り巻きはダイヤで、柔らかいトルコ石で取り巻いているものなど
見たことはなかった。
祭りの夜店でカーバイドの灯りに照らされるのが相応しいような淫靡さ。。
身を落としても高貴さは失わないルビーのプライド。。
「センス」だとか「好み」だとかを超越した磁力。。

これほど惹きつけられた指輪だったのに、私はこの指輪の入手は断念した。
出発の合図が気になったし、仏頂面の店主との値段の交渉も面倒だったし。。
波乱を呼び込むような胸騒ぎもするし。。


それから私は旅の間、頭の片隅にあの下品なスタールビーの指輪が頭の隅にいつもあって、
入手しなかったことを悔やみながらインドの旅を続けた。
先々で宝飾店をみてはあの指輪を探したけれど見つからなくて、
急いで仕立ててくれるという店を見つけ、こういう指輪を作ってと交渉したけれど、
スタールビーの取り巻きにトルコ石なんて!と呆れられ、実現しなかった。

インドへの旅行に先立って、インド通の知人は私に「ここはインドだから。。」と
呪文のように呟きなさいと教えてくれた。
なんもありのインドなのだから、、と。。
そのインド人にも断られるなんて!と笑ってしまったっけ。。



このガラスの器を骨董屋のウインドウ越しに見つけた瞬間、
私はあのインドの指輪のスタールビーとトルコ石の色目を思い出し入手した。

このガラスには、あのインドの指輪ほどの磁力は感じられない。
だけど、大正の頃にこのガラスを愛でた人の笑顔が見える。
作った人の挑戦と意気込みが分かる。
高揚した時代のエネルギーが伝わってくる。
そういう意味で傍に置きたいガラスだ。

P1030373.jpg

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。












スポンサーサイト
  1. 2012/07/10(火) 01:01:12|
  2. ガラスを買う
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

京都での買い物 1

15年ぶりの京都。

前回は友人に誘われて1泊強行軍の旅だった。
午後に京都に着いて、夕方から先斗町で呑んで食べて、
翌日昼過ぎには京都を発つという、
それだけの旅だった。

それでも私たちは、京都を発つ前のほんのちょっとだけ街歩きを楽しんだのだけど、
そこで私は忘れられない発見をしたのだった。
ブリキの電燈の傘が店頭に積まれているお店。
私はなんだか興奮して、全部を買い占めようよ!と
友人にまくしたてたのだけれど、
友人には理解されず、ただ呆れた顔をされ、そんなモノより早く駅に行かなきゃと
私を責めたてるのだった。
「一人で来て、ゆっくり買ったらどう?」
と引導を渡されてしまい、
結局、私の世紀の発見ブツとは、今回15年経ってようやく再会したのだ。

「京都ホテルの前の大きな道路を渡って、本能寺の脇の商店街にあるお店」
覚えていた通りに、京都ホテル(今はオークラ)からスタートして、御池通りを渡り、
本能寺脇の商店街にあの時のままのお店を発見し、店頭のブリキの傘と再会した時には
まだあってくれて、ありがとう!と涙がでそうだった。
京電商会さん 15年前は確か数種類あったはずだったブリキの傘は、
今1種だけになったのが残念だったけれど、
そのほかに琺瑯とガラスの傘も購入して大満足。

006.jpg

008.jpg

002_20111124102103.jpg


朝のドラマカーネーションの背景を見ると、昔の照明器具がいろいろ登場して面白い。
先日も、3番目の白いガラスの傘がちゃんと登場して、
「あっ、これこれ!」と小躍りしてしまった。
京電商会の奥さん曰く、この白いガラス製の傘は、もう製造していないそうで、
店頭にあるだけなんだそう。貴重品だ。

ところで、上2つの傘はモールドとして使用するのが目的。
大きすぎず、小さくもなく、丁度な大きさで、
ガラスを貼っても重た過ぎない大きさ。
それに申し訳ないくらいにお安かった。
ランプ作るのが楽しみだ。

包んでくれた京都新聞も、私には記念すべきお土産だ。


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。



  1. 2011/11/24(木) 00:12:00|
  2. ガラスを買う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

無事カエル

このところふさぎがちな私を心配する大阪の叔母に呼ばれ、
顔を見せてきた。

久しぶりの旅行が嬉しくて、叔母には内緒の前日1泊は、たまたま黒門市場の近くにとった。
普段はできないことをしようと、夜中に徘徊し、ねぎ焼き土手焼き串揚げかすうどんなどを食べ歩き、
市場を彷徨い、心斎橋やヨーロッパ通りやあたりの繁華街をうろつき、
キャッチのお兄ちゃんについていきお酒を飲んで(大丈夫!ぼられなかった)
タイマッサージで体をほぐし、、
翌朝は黒門市場の小さなサンドウィッチ屋さんにて、卵焼きを挟んだサンドウィッチを朝食に食べた。
その味は遠い昔、母がいつも日曜の朝に食べさせてくれた懐かしい味に近く、
お店のおばちゃんもなんだか母に似ていて、
前日からの風来坊を咎められているような気がして、
そそくさと叔母の家に向かった。

叔母の家に2泊し、その後学芸大に住む娘のところに寄って掃除。
学芸大まで来たらグラスポッパーギャラリーに寄らなくちゃ!
と立ち寄ったら、ボリシリケイトのケンタローさんの個展だった。

眺めていたら、20年くらい前に初めてアメリカの作家さんの
ボロシリケイトガラスを見たときの衝撃を思い出した。
その頃、あのあまりに巨大なビー玉(だと私は思っていた)の類は珍しくて、
ガラスの中に閉じ込められた宇宙をじっと見ていると、意識が遠のくような不思議な感覚になって、
お値段を見ると20万とかざらで、さらに意識は遠のくのだった。
その時代、酸素バーナーだけで60万くらいするよと云われ、
ボロシリケイトは「見てるだけ~」の世界だった。。。

ケンタローさんやギャラリーのオーナーさんと、
じっくりガラスについて話す機会を得て
旅の終わりを締めくくった。


カエル

旅の終わりに選んだのは、「風」というタイトルのカエルちゃん。
家になんか帰りたくない私が、無事帰る の願を込めたカエルちゃんを手にするのも、
ちょっと可笑しいと思ったけれど、私は風 だから。
いつも漂っている私が、同じ所に何十年も住み続け、仕事漬けの日々。
これじゃおかしくもなるわい。
たまには漂白の風に吹かれ、そしてかえるがいい ってことだな。


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。



  1. 2011/11/16(水) 18:15:34|
  2. ガラスを買う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とって

嫁入り道具だった、北海道民芸家具の洋服箪笥がどうにも邪魔でしょうがない。
さりとて捨てられず、、、
考えたあげぐ、
下部分の引き出し2段はキャスターを付け、天板を補強し、塗装してTV台にすることに。。
上部観音開き部分は塗装しなおし、背を低く使うことにした。
色はポップに塗りたい。

で、こつこつとやすりがけをしていたのだけれど、
東京でこんな取っ手をみたら、俄然作業が捗る捗る。

早く仕上げてこの取っ手に付け替えたいけど、
待ちきれず、事務所の棚の取っ手を代えてみたら、
クールで素敵。

ガラスの花や陶器の取っ手もいっぱいあったけど、
四角四面なわてくしには、やっぱキューブでしょ(笑)

繝ュ繝ウ繝・Ν+018_convert_20110227121549

繝ュ繝ウ繝・Ν+017_convert_20110227121746



にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。

  1. 2011/02/27(日) 12:02:56|
  2. ガラスを買う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

昭和のブルー



先日娘と東京をうろうろして見つけたランプのベース。
キューブを重ねたランプのベースはよく見かけるけど、
ブルーのは見たことがなかったので、即買い。
お店のおじさんは商売上手だ。
「お目が高いね!」
この一言で、お財布の紐が緩むのよ。
というわけで、それほどでもないブルーの花瓶も一緒に送ってもらうことにした。

今日届いて並べてみた。

このベースに合うランプの傘ってどんなだろう。
しばし飾って、アイディアが沸くのを待とうとするか。。

ロンデル 014

繝ュ繝ウ繝・Ν+013_convert_20110224111020



ブログのタイトルに「とか。。」と付け足してみた。
言いたいことは、ガラスに限らずにいろいろあるのでね。。


にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ポン♪とクリックをいただけると嬉しいです。

  1. 2011/02/24(木) 11:07:26|
  2. ガラスを買う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kuroihitomi

Author:kuroihitomi
ミーハーな性格と衝動的行動。
ヤブニラミでガラスを追いかける記。











作品 写真 映像等の無断使用・転載はご遠慮ください。

最新記事

カテゴリー

ガラスを作る (62)
ガラスの展示会 (9)
ガラスの 帯留めcollaboration (6)
ガラスを買う (20)
ガラスの独り言 (55)
ガラスを発見 (43)
ガラスノモノガタリ (0)
ガラスノホカ (14)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。